2018年サッカーロシアWカップ 受験生が日本代表に学んで生かすべき精神論


2018.06.25

勉強法勉強論受験家庭教師

2018年サッカーロシアカップ

 

 
 
2018年サッカーロシアWカップを迎えるにあたって、日本ンは2か月前に代表監督を変えて臨むと言うドタバタ状態でしたね
評論家の中にも今回のワールドカップは、悲観的な観測を述べている人は少なくなかった
 
そして、迎えたコロンビア戦…
良くて勝ち点1をと思われていた中…
日本は予想に反して善戦!
何と2対1の勝利!
 
日本国中、ややまさかの勝利的な空気に包まれる中…
次第に日本代表行けるかもと言う雰囲気に包まれて行った
 
ただ次のセネガル戦…
セネガル対ポーランドを観た後のセネガルの強さを痛感した日本国民
また、流れる悲観論みたいな感じ…
結果2対2の引き分け!
 
次はポーランド戦にベスト16を掛けて臨む日本代表
是非勝手、決勝トーナメントに進出して欲しいものです!
 
 

ここに受験生が学ぶべき精神論がある

 
君達受験生も自分の志望校に向かって日々勉強に勤しんでいる事でしょう
目標に向かって日々努力をしている君達の姿は日本代表と何ら変わりはないのです
Wカップも受験も1発勝負ですが、そこに存在するのは実力が90%以上であることは間違いないことです
残る10%は運もあるでしょう
それは当然の事です
受験も相手がいる事なんです
当然、相手も同じ高校に受かろうと必死なんです
この事を、忘れてはいけません
 
自分が慢心した時点で足元をすくわれかねないのです
かと言って、自分自信の力を疑い始めたら結果はでません
ですから、自信は大事です
でも、自信と慢心は大きく違うのです
 

本当の自信とは、自分が目標校に向かって日々努力を積み重ねた結果、にじみ出て来るものなんだと思います
慢心とは目先の模試の結果…過信してしまう事です

 
受験は結果が全てです
しかし、模試の結果すべてではありません

むしろ、模試の結果の受け止め方こそが大事なんです
 
そしてそこで今自分がするべき事を見つけることこそが大事なんです
 
日本代表もテストマッチの結果は決して良いものではなかった
 
でもそこで、大事な事は下を向かずに結果を出すためにはどうすれば良いか考えて今できる最善を考えて実行してきたと思います
 
受験生も模試の結果で、今自分がするべき事を見失ってはいけないのです
模試は模試…
今の自分に何が足らないかを確認し、今自分が何をするべきかの指針を示してくれるべきものなのです
 
だから、自分がはっきりとした勉強の仕方と結果までのアプローチへの自信さへ持っていれば、一喜一憂する事はないのです
例えその結果を元に周りが色々な事を言うかもしれません
 
でもこの時期まだ目標変更するには早すぎます
 
自分が描き持つ成功への道をひたすら歩み続ける事こそが大事なんです
 
君の人生は君が主人公です
決して脇役の雑音に自分の今やるべき事を惑わされてはいけません!
 
自分の道は自分の努力で切り開くものなんです
 
 
 
 

坂本 享一

坂本 享一

明治大学商学部を卒業し、某証券会社に入社しました。その後、フリーランスを経て家庭教師・塾講師を長年行っています。この度、『勉強が解かる喜び』をモットーにした家庭教師S-PROJECTをスタートさせました。
ビリヤードが好きな陽気なおっちゃんです。