明けましておめでとうございます 2018年戌年      


2018.01.01

コラム家庭教師

戌年はどんな年?

 
「戌」は「滅びる」を意味する「滅」で、草木が枯れる状態を表しているという見かたもありますが、実際は「まもる」「植物が育っていき、花が咲き、実をつけ食べごろが過ぎた後、自分の実を落として、本体の木だけは守る」という意味だそうです
 

前年は酉年で「商売繁盛」や取り→採りと収穫を意味があり比較的良い意味の年でしたが、戌はその後になりますので収穫後の年になります

 

今日は年初めなので柔らかめな事を書きます

 

 

十二支の順番のお話

 
 

 

ある年末に神様がこんなことを言いだしました。
 
干支の神様

「元旦の日に、私の元へ来なさい。到着した順で1番から12番目までの者を一年間の大将にする。」
 
動物たちは、それぞれに元旦の日に神様の元へ一番をめざして行くよう準備を始めました。
でも猫はいつ行けばいいのかをうっかり聞き逃してしまいました。
ネズミに聞いてみると、ライバルを一人でも減らそうとしたネズミは、わざと一日遅れの日を教えました。
 
牛は、自分で歩くのが遅いことを知っていたので、みんなより早く出発しました。ネズミは牛の出発を知ったので、楽をする為に背中にのり、寝転びながらのんびり神様の元へ向かうことにしました。
 
牛は歩くのが遅いとは言え早く出たので元日前に神様の元へ到着。
門があくのを目の前で待っていました。
 
やっと門が開いた時・・背中に乗って一緒に到着していたネズミがピョン!と門を通過して一番となりました。
ネズミを背中に乗せてきた牛は2番目となったのです。
 
その後、トラ→うさぎ→龍→ヘビ→馬→ひつじ→サル→とり→犬→いのししが到着。
ここで12番目までが決まり、12年間の大将選びは締め切られました。
 
さて、うっかり話を聞き逃していた猫はというと、何も知らずに次の日に到着。
猫は誰もいない辺りを見回してびっくり!!すでに12番目が決定して終了してかなりの時間が経っていたのです。
騙されたとわかった猫はネズミに対して怒り、それからネズミを追いかけるようになりました。

 
 

十二支に動物が割り当てられたのが後だというのに、ネズミの部分や猫の部分が工夫されてて面白い物語だと思います
子供達にも話してあげると興味を持ってもらえるのではないでしょうか?
 
ただS-projectはネズミより牛を目目指してもらいたいものです
愚直にゆっくりとでも良いので歩みを止めないような人間になって欲しいものです

 

皆様にとって2018年が良い年でありますよう願います

坂本 享一

坂本 享一

明治大学商学部を卒業し、某証券会社に入社しました。その後、フリーランスを経て家庭教師・塾講師を長年行っています。この度、『勉強が解かる喜び』をモットーにした家庭教師S-PROJECTをスタートさせました。
ビリヤードが好きな陽気なおっちゃんです。