受験まで…まだ2か月? もう2か月? 残りの2か月が勝負を決める!


2017.10.21

家庭教師

ここ何日か、めっきり寒くなって来ましたね!
 
もうすぐ11月…
 
早ければ私立の受験まで2か月チョッととなってきました
 
そろそろラストスパートを掛ける頃です
 
そこで、ラストスパートとは…
1 ゴール近くで残った力を出しきって力走・力泳をすること。
2 物事の最終段階で、残った力を出しきってがんばること。「仕上げに向けてラストスパートをかける」
 
辞典で調べるとこんな事が書いてありました
 
でも、受験生諸君はこんな事を知りたい訳ではありませんよね
受験まで残り少なくなって来たこの時期に、何をするべきか、何をしたらより受験に向けて有効的かを知りたいと思います
 
その答えは……
 
皆さんの現状によってやるべきことはそれぞれ変わってくるので一概には言えません
 
しかし、最低限のアドバイスは出来ると思いますのでいくつかの心構えを書きたいと思います

受験まで2か月~3か月 ロングスパート

 
 

この時期はそろそろ焦りが出て来る生徒がでてきます
その焦りの原因をそれそれ自分自身で、よく考えてみてください
 
大体は受験結果に対する不安から来ているものではないですか?
 
もし、そうだとしたら自分自身に言い聞かせてください
まだ受験まで2~3か月もあるんだと
 
結果を心配するにはまだ早すぎますし、やるべき事はまだまだあるんですから…
 
そう考えて、まず平常心を取り戻してください
平常心を取り戻してから机に向かいましょう
 
基本はいつもの自分がやっている勉強を粛々とこなしてください
 
それは、いつも通り学校の勉強の予習復習です
 
これが、終わってから受験勉強を始めましょう
 
当然受験生なのですから、勉強時間が増えて当たり前なんですよ
 
いつもの勉強と受験の為の勉強を分けて考えて、時間も分けた方がより能率的だと思います
大体の生徒はこの割り切りが出来なくなってきて無駄な時間を過ごしがちなんですよ
 
漠然と受験勉強と言っても何から手を着けて良いか解らなくなってしまうんです
 
「よし、今から受験勉強を始めよう」としたとき範囲も今までの中間、期末試験と違って、余りにも漠然としていて範囲も広くなりますよね
 
ここで、肝心なのが時間管理力です
 
簡単に言うとスケジュールを作る力になってきます

五教科のうち何を?
どの範囲を?どこまで?
どのような目的の為に?
どの位の時間を掛けて?

 
この事をいつも念頭に入れて受験までのスケジュールを作ってください
 
そして、そのスケジュールから逆算して一か月、一週間、一日のスケジュールを作ってみてください
 
そのスケジュール作成に於いては、厳しすぎると達成が困難になりがちで、かと言って緩すぎると受験に間に合いません
 

長めのスケージュールをまず作り、それに対する短めのスケジュールを作ります
短めのスケジュールの達成結果によって、次の短めのスケジュールを少しずつ調整して行きましょう

 
例えば、
受験までの英語の勉強
 
・一か月で今まで教わった英単語を完璧にする
・一週間で1年 次の一週間で2年 次の一週間で3年
・今日は1年のlesson10までの単語を覚える
 
この様に具体的にするべき事を意識して、その目標を達成させることによって成功の感覚を繰り返す
そうすれば、不安や焦りからは解放されて行き自信が湧いて来るのです

坂本 享一

坂本 享一

某証券会社に入社した後、フリーランスを経て家庭教師・塾講師を長年行っています。この度、『勉強が解かる喜び』をモットーにした家庭教師S-PROJECTをスタートさせました。
ビリヤードが好きな陽気なおっちゃんです。